マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

ナムノン港

以前からノンタブリーの人々は水上輸送を主なルートとし、水上輸送はノンタブリーの人々の生活方法にとっては大切です。 60歳以上のノンタブリーの人と話しをすれば、ほとんど誰でも船をこぐこと又は機械船を運転することができて、運河のすべての水路を良く知っていますが、バイクや車の運転は苦手です。ノンタブリーの主要な水路はチャオプラヤ川、旧水路、新水路、そして色々な運河です、例えば、バーンクンシ運河、プラピモン運河、バーンヤイ運河とマハーサワットなどです。そして最も重要なの港はノンタブリー港です、ノンタブリー県とバンコクの間に輸送するフェリーボートを操業スタートしたのはラーマ8世王時期に閉められたモーターボート会社のほかに、長距離フェリーボート業者はほかに2隻が通してあります、それはスパンブリー県とディエン港に往復するスパン船(赤色)とマハー・ラート郡とディエン港の間に往復するマハー・ラート船です。その後、2社の輸送フェリーボート業者のチャオプラヤー・スピードボート会社とレムトン・スピードボート会社が現在までサービスを提供しています。ノンタブリー市庁舎旧跡ムアンノンタブリー郡ソンヤイ町バーンクアン村のチャオプラヤ川―の左岸(東側)にあります、1981年3月4日に歴史古跡として登録されました。建築場所について、ラーマ5世王様はマハンダトー刑務所(現在のバーンクアン中央刑務所)を建てるために550ライの敷地を購入することを命じされましたが、まだ建設はスタート出来ていない時に時代が変わりました。その後ラーマ6世王治世後、この地域の土地を約3分の1を分けて、司法省の皇室学院を建設に使用しました。この学院は寄宿学院で、現在のナコンパトム県のワチラウット皇室学院とポー・ボー・ロー皇室学院に似ています。その時の教科書はすべて英語でした、学生が法律を勉強して、将来は英語をよく知っている裁判官になるために英語の知識を教えます。皇室学院は1911年(ラーマ6世王時代)から開講して1969年(ラーマ7世王時代)までになりました。ラーマ7世王時期に景気低迷はになって、ラマ7世王は学校を閉めて、バンコクのワチラウット皇室学院に移って合併しました。その後、1928年に学院の教科ビルをノンタブリー県の市役所に渡して市庁舎に使用されました。会議ホールを県立女子学校として使用されました。1955年より学生人数が増加してから、ムアンノンタブリー郡ソンヤイ町に移設しました、ワット・プラパー寺院とワット・バークナム寺院の近くにあるので、元の会議ホールはノンタブリー県立会議ホールおよびノンタブリー幼稚園に使用されました。ノンタブリー市庁舎旧跡はラーマ6世王時代の1911年に建てられたラタナコーシン王朝初期のヨーロピアン風の建物です。建物の特徴は何軒が繋がって円形に近い形になって、一番最後のところにある会議ホールは広さが11.55メータ、長さが287.4メータの2層白い建築です。全部の建築面積は2ライ2ガーン51平方ワーです、建築の本体はビルで、木の床は乳白色のペンキ、ドアと窓は緑色のペンキ、屋根の角に波状のタイルを付けて、ビチット模様の木彫りで建物全体に飾られてあります。1968年に改装を行って、次の1972年に再度大改装を行いました。現在のノンタブリー県の市役所が改造して地元の博物館になりました。ノンタブリー県時計台1957年に建てられた時計台は、使っていたタグ・ホイヤー時計はタイに一番大きいタグ・ホイヤー時計でした。そして過去から現在までもノンタブリーの人々の待ち合わせ場所や商売をする場所の中心になっています。

電話番号

-

営業時間

毎日 06:00-19:00

住所

ムアンノンタブリー郡ソンヤイ町バーンクアン村の

コメントは終了しました。