マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

バンオイチャン寺院

バンオイチャン寺院は1761年アユタヤ時代に建設されました。貴重な伝説的な骨董品がたくさん収まっているオイチャン村落に基いて名をつけました。例えば:人工お釈迦様のフットプリント、シーササダー坐像、クワ料啓蒙書、陶器、啓蒙書棚などです。特に人工のお釈迦様のフットプリントの歴史ではバンオイチャン寺院の始めての大僧正のプラアティカントーンユー(ナワグラムコーソン先生)は北部の巡礼時に構築用木材を探していた時に森の中で人工の人工のお釈迦様のフットプリントと出逢いました。1796年ピサヌローク県でのシーササダー坐像と同時に筏に載せて運送してきました。その後1992年に人工のお釈迦様のフットプリントを収める為にモントップ(先が尖ったタイ風握舎)を建設しました。このモントップは108種類の模様が付いてラタナコーシン時代に流行っていました。 バンオイチャン寺院は又他の大事な歴史があります。例えば:ピサヌローク県の神聖なシーササダー坐像。実はバウォラニウェート寺院に留まる前に始めにバンオイチャン寺院に留まりました。プラルァン或いはワウ大僧正の仏像は元々バンオイチャン寺院の説教館に留まりました。聖なる奇跡な出来事が起きた為にチュラショムクラオ国王の即位のお祝いとしてバンコクのベンチャマボピットドゥシットワナーラーム寺院に移設されました。1903年10月16日バンオイチャン寺院でのグラティンという僧侶服装の寄付のイベントで軍艦でバンオイチャン寺院までご訪問になった思い出はバンオイチャン寺院周辺とノンタブリー県の住民に対して永遠の感動的瞬間でした。アユタヤ時代後半のバンオイチャン寺院のストーリーではクンルァンハワッド、ソムデットプラチョオタクシンマハラート、民芸的な知恵についてはバンオイ村落の生活を著しく反映してしました。又は旧チャオプラヤ川の両側の美しい風景はノンタブリー人の価値のある感激なバンオイチャン寺院周の特徴です。場所の詳細所在地:ノンタブリー県 バングルアイ地区 バンシートーン区 バンコクノイ運河 2丁目 79番地バンオイチャン寺院の貴重な神聖な物教会の最高貴重仏像は光沢度の高い坐像で髪風はジャックフルーツ皮タイプ。顔は平で四角い形にしてしゃきっとした姿勢。股間に上向きにした右手が左手の上に重なって右足は同様に左足に上に重なっています。股間の幅は1.8メートル、頭部から地面までの高さは2.7メートル。三段黄金傘の下にあるシュックシーという台座に留まっています。プラシーササダー (新)シーササダー仏像とバンオイチャン寺院の関係ではバンオイチャン寺院の元大僧正のナワグラムコーソン先生はプラシーササダー仏像をピサヌローク県のシーマハタート寺院からバンオイチャン寺院にご案内しました。しばらくの期間でも国家の大事な仏像の設置場所として大切にされたという証です。元大僧正のナワグラムコーソン先生の北部へのご巡礼の苦労の記念の思いでとして昔からプラシーササダー仏像をバンオイチャン寺院に移設されました。モントップの中の人口のお釈迦様のブロンズのフットプリント:長さは54インチ、幅19.5インチ、重量190キログラムは右側のフットプリントで僧侶時代の元大僧正のナワグラムコーソン先生はピサヌローク県からプラシーササダー仏像の同時に筏に載せてバンオイチャン寺院まで運送されました。これはバンオイチャン寺院の貴重な神聖な物として昔から現在まで仏教徒の心への絆が繋がっています。タクシンマハラート国王の記念碑:タクシンマハラート国王の偉大なミッションにより造られました。特の武士道の国王だと称され、アユタヤ惨敗時の第2次ミャンマー戦争で復興されました。又はバンオイチャン住民の話によるとトンブリー時代に一緒に戦場に出たと言われました。史上では教会の小堀は「チャオプロム」タクシン国王の天皇陛下によって復興された為に、その恩恵をバンオイチャン寺院の僧侶と住民が感激になって説教館周辺に記念碑を築きました。ホーナン神・ナライ神・スア神の木造立版はゲーブル頂点の木及び聖なる木からできたと信じられました。この木造立板は3つの神々の代表としてホーナン神社の中に設置されています。寺院裏がの南に “サーンチャオ運河”が流れて通って、元々はタイ風の木造の神社がありました。ノンタワットウィブーン先生時代に新しい神社を建設し3つの神々をここに留まるように招待しました。現在バンオイチャン寺院は僧侶とバンオイの崇拝者により周辺の風景を美しく改造されした。この3つ神々は寺院と村落の保護者への尊敬を表す為に毎年ソンクラーン祭りの時期にお神輿運送の儀式が行われます。仏フットプリント・仏陀・天井星の絵画バンオイチャン寺院での説教館天井の金箔が覆ったチーク材のカラー絵画は5つの部屋にあり、部屋ごとの幅は2.70メートル、長さは4メートルです。真ん中の部屋は金箔が覆ったチーク材に仏のフットプリントの絵画、天井星の絵画は残りの左右2つの部屋の合計4つの部屋に描いてあります。仏陀涅槃の絵画は第2と第4部屋の梁の下にあります。この説教館の天井に描いてある絵画は非常に丁寧に華麗な懐かしい形です。仏フットプリントもう一つの聖なるシンボルは真ん中に描いてある円盤です。この円盤の歯車部分は蓮の花からできて全部16葉あります。この仏フットプリントの他のところに他のブラフマーーが描いていないため、恐らく16階層のブラフマーの象徴だと推定されています。タイの他の仏フットプリントと違って円盤の真ん中に掌に蓮に花を握りながら拝んでいる国王の絵が描いてあります。特に真ん中が円盤で歯車は一つずつブラフマーの代表として表しています。又は一般的な円盤の真ん中ではあまり国王や聖なるシンボルを描かずに、この円盤の中の国王の絵は蓮花の上の小型欄のメルー山と同じ位のサイズです。推定としてバンオイチャン寺院での絵画や仏フットプリントの絵画はエリートナ天皇陛下及びお嬢様に関係があるかもしれません。お城の最上部の説教壇ではバンオイチャン寺院の説教館の2階にあるます。これはアユタヤ時代からの寺院の一つの神聖な骨董品です。この説教壇の形はコンパクトされたお城の形にされて幅と長さは1.4メールでちょうど1人が座れるようなサイズです。地面から最上部までの高さは5メートル、屋根の形はお城の最上部、その上に蓮花、半円、角錐、水滴の形しされて廻りにタイ風の花の模様が飾っています。そして全ての段の端部に3頭ある木造のナーガが4角に付いてあります。説教壇の柱は薄くて小さい屋根を受ける為の縁は3つずる付いてあります。柱自体はモザイクのガラスが貼っており柱のベースに仕上塗装された尖った装飾品が貼っています。股間部の隠板はガラスで飾った不透明な板で説教壇の腰部にアユタヤ時代後半式の大小型のグリルが貼ってあります。下部は内側にカロンローズで飾って垂れてきたグリルがあります。開口部に対角形のぺーンラッチャワット式の補強棒にタイ風の花の模様にガラス付属が貼っています。アユタヤ時代後半式の美術で説教壇の柱は薄くて小さくした各階のシンハ土台は開口部があります。三蔵書庫はバンオイチャン寺院の大事な神聖な物で全部9軒あります。バンオイチャン寺院博物ビルの3階に置いてあります。バンオイチャン寺院での三蔵書庫では前面的金箔でメッキされ正方形の形しされています。書庫の押さえる脚部は4つあって仏陀のその他の教えの聖書、啓蒙書、仏教に関する啓蒙書、パーリ語の教科書が収まっている為非常に大切な物です。タイ風手帳とヤシの葉の筆跡によるとバンオイチャン寺院は恐らくラマ2世時代前か、その当時に建築されたと書いてありました。国立公文書館の一つの勉強道場としてラマ5世時代の教育改革関連でした。聖職者教師によると1892年バンオイチャン寺院での教育についは「タイ語教科書とクメール語の教科書」でも流行ったということでバンオイチャン寺院では「タイ風手帳及びクワ料手帳」或いは「ヤシの葉」がたくさん使われていました。調査結果では一部の啓蒙書はラマ1世時代に作成されたと判って、様々加工製法でタイ風手帳及びヤシの葉は大事な物事の記録材料として仏教に関するストーリーが書かれました。特にタイ風手帳では筆跡又はメッキ用の古代的な本書として古典、法律文学、伝説、子文書、知恵、仏教関連話などが書いてあります。タイ風手帳及びヤシの葉の作成の際によく「聖書の包装布」が色んな種類や模様で作られて、それを保護する為です。

電話番号

-

営業時間

毎日 08:00-18:00

住所

ノンタブリー県 バングルアイ地区 バンシートーン区 バンコクノイ運河 2丁目 79番地

コメントは終了しました。