マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

ワット・ダノット寺院

1861年に建てられて、建造者については不明です。民間寺院でオム又はオムノン運河の岸に建ててあります(チャオパヤー川の旧河道)。何人の年寄になった人や現任住職、及び84年修行をしていた104歳になったワットバークナム寺院(ピブンソンクラーム)の住職のプラクル・ノンタギットピブン様(ルアンブーゲー)の話を聞きました、ルアンブーげーの実家はワットダノック寺院の前にあります、彼らの話によると、寺院の名前の由来について、オウギヤシ(ダンダノック)の木をたくさん植えてあるからです。寺院の名前は寺院の近くにたくさん植えていたオウギヤシ(ダンダノック)から来たと推定されます。場所の詳細ワット・ダノードの寺院は、民衆たちが本堂の主仏像を参拝することができるように毎日開いています。参拝した後に、歩いて河岸にある白い亭まで行って休憩とリラックスしたり、魚に餌をあげたり、プラプットマハーポーカーヌぐン大仏に参拝したり、又は、運河の橋を歩く渡って、川の向こう側のサイマー町で散歩しながら美しい景色の写真を撮ることが出来ます。ワット・ダノック水上マーケットは、楽しくて気持ちいい河岸雰囲気と、価格が安い様々なお気に入り食べ物やお菓子に囲まれています。運河沿い両岸のライフスタイルを見れる遊覧船サービスがあります、運河の口までに行って、運河とチャオプラヤ川の接するところに入ったら、変わった風光明媚な眺めが見られます。(船を借りるについては、クッティオルア店に問い合わせください。)ワットダノック水上マーケットは、家の近くにある新しい観光スポットのひとつになります、お店の人達は皆このコンミュニティの人ですから、暖かくて親切で友達のように感じさせます。

電話番号

-

営業時間

毎日 08:00-18:00

住所

TumbolバンKrangアムプームアンノンタブリーノンタブリー

コメントは終了しました。