マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

ター・パーファイ(ワットチムプリー寺院)

近辺にあるワットパーレライと同様に、アユタヤ王期の中代に建てられた寺院となる。昔、この地域にはファイと意味のある綿を多く生産することから、ワットチムプリー寺院を「ワットパーファイ」と呼ばれる。歴史や古代遺跡および骨董品が豊かに所在して、クレット島の中にある普通な寺院より特別にある美しい寺院となる。1765年にビルマ人がノンタブリー市とパーンクレット砦を占領して、1767年にビルマ人がアユタヤ市を破壊したことから放棄されたことから、この寺院が荒発した。1774年において、タークシン大王の時代にビルマからパーククレット町のパークダーン地域へ移動し来たミャンマー人たちがワットパーファイ寺院を修復した。ミャンマー語でワットパーファイと意味のある「ペア・ファイ」と呼ばれる。プッタルートラーナパーライ王国の代、1815年において、4000名のミャンマー人がサイヤムへ移動した。サムコーク町やパーククレット町に住むように王国より許可を得た。ラーマ2世の王国ミャンマーの高級な僧侶を尊敬し、「ラーマ1世の大王妃プラアマりントラーマート」というラーマ2世の王母はサムッサコン県バンシャーン都市に住むミャンマーの大地主であるので、ミャンマー人の住民を訪問するためにサムコーク町へよく訪問した。僧院長プラタイソラナラット(パヤガーイ)の向けにサームコーク町にあるワットシンハー寺院を地元民の寺院として修復するように王国より指揮された。プラヤービチェーンバリーをパーファイ寺の住職として任命した。王国よりワットチムプリースタワースという寺院の名前をつけてもらったが、 (王国の元名称はチムとなる。)「ワット・チムプリー」または「ワット・シムプリー」を呼ぶ人もああるが、ミャンマー人にとっては、そのままワットパーファイと意味のあるペア・ファイと呼ぶ。ラーマ2世の代に行われる大修復がある。ラーマ5世の王国がパークアウ人寺院を修復している際に、国王と王族をはじめ配下たちはこのワットチムプリースタワース寺院と周辺にある寺院を修復に参加した。ワットチムプリースタワース寺院は元々ラマヤナの宗派に属したが、現在としては大乗仏教の宗派に属している。場所内容礼拝堂は何回も修復されても、現代まで残存されているアユタヤ王期の建築様式となる。修復は元の建築様式を維持してくる。たとえ、アーチ型の戸やアーチ型の窓が荒発しても、きれいな調子である。境界標アユタヤ王朝の様式の境界標台となる。境界標の本体は元の境界標の代わりに花崗岩で形成される美しい形状している。ラーマ3世において、バンコクにあるワット・チャルーム・プラキアトとワットラーチャナッダーの寺院壁のように礼拝堂の壁を修復した。中部に仏教法輪のある境界標がある。4方側はれんがを積むブアランチァードという平らな軒蛇腹のようなカムパーンケーオと呼ばれる壁に囲まれる。正面にはファサードが1つある。門番の型の中国人形が2つある。礼拝堂の後ろにおいて、ガムペーンケーオ寺壁の角各に四角形の仏塔が1つある。礼拝堂の大仏像はマラを抑圧する態度の仏像となる。飾り布やカラーグラスを飾れて金紙で貼られた化粧しっくいの高台の上に安置されている。大仏像の正面にチュックシーという台に合唱する姿勢の型の仏の弟子像が2つある。昔、大仏像の正面にはアユタヤ様式な王立服装を着る立型の仏像が所在したが、1967年に泥棒に盗まれた。プラマハチュラマニー とは、4面毎にある計16角の角度を少なくするアユタヤ王記の様式のある大きいな仏塔となる。礼拝堂の北方において、四角台に位置している。副塔は4つある。この仏塔の特徴は、釣鐘状の部分の丸形である台に沿ってカラーグラスで飾られること。アユタヤ王期の様式であるきれいな仏塔といえば、ノンタブリー県の中にこの仏塔は唯一つあるのみ。 (大体は計12角の角度を少なくする建築様式となる。)そして、カラーグラスで飾れる。プラマハチュラマニー塔はトライブームの伝説により、天国にあるプラマハチュラマニー塔は緑色のあるインタニン宝石で建てられ、宝石のある長いネックレスや金で飾れる。塔内には仏陀の頭飾り、仏陀の髪の毛、右歯の仏舎利の3つものが安置されていると述べられる。仏陀の頭飾りと仏陀の髪の毛は仏陀が出家した際にお祝いして髪の毛を切って投げ捨てたが、インドラ神が拾えて天国に所在するプラマハチュラマニー塔に仏陀の頭飾りと共に保管した。仏陀が涅槃には入って葬式を行った後、仏舎利を各町に渡した。バラモンは右歯の仏舎利を髪飾り隠して、インドラ神が見ると、金棺に入れて、プラマハチュラマニー塔に保管することから、プラマハチュラマニー塔には貴重なものが3つある。プラマハチュラマニー塔の左右にポーの木とパリチャートの木がある。パリチャートの木は、トライブームの伝説により、1000年1度花が咲く。パリチャート花の香りは誰かにおいをかいだら、人の前世を記憶するこができるようになると言われる。パリチャートの花は天国のあたりに香を放る。プラマハチュラマニー塔を管理する神はインドラ神と呼ばれるタウ・オン・インドラ神となる。加えて、スチャーダーオ女神、スチトラー女神、スタマー女神、スナンター女神のインドラ神の妻4名が交替で清掃や整理を実施する。天国神たちはプラマハチュラマニー塔をお祝いすることは、仏陀―と仏陀の涅槃を崇拝する方法となると述べられる。ワットチムプリースタワースには礼拝堂と平行に、仏陀をお祝いするために模擬のプラマハチュラマニー塔をクレット島の住民向け精神的な支として建てる。礼拝堂の下部にコンクリートを塗った船がある。船の上に3つの仏塔が船の長さの順次に並べるのはミャンマーの伝統的な慣習となる。それをミャンマーの寺院に作るのは人気である。クレット島にある巨大な寺院は仏塔と平行にそのような船を建てる。たとえば、ワットパラマイイカーワートボラリン等には、ワットパイローム寺院の河畔仏塔と近くに作られたが、2つのコンクリート船は土地が水に浸食されて水面下に沈んだ。コンクリート製の船は1922年において、プラそーナとプラウタラの2名僧侶がミャンマーのスタムワディー町あるいはサトァム町へ船で仏教を公伝したことを思い出すように目的として作られる。公伝する仏教の中に仏教「仏」「法」「僧」の3部がある。それをミャンマー町に安定的に安置される。そして、タイ、ビルマ、ラオス、クメールへ公伝した。3つの仏塔は「仏」「法」「僧」と意味のある。鐘楼 はチャクリー王期の建築様式のような木製の鐘楼となる。 

電話番号

-

営業時間

毎日 08:00-16:30

住所

住所はノンタブりー県パーククレット都市ゴ・クレット地区1丁目のラッドクレット運河中に所在する。

コメントは終了しました。