マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

ワットケーマピタラームラーチャボラビハーン寺院

 ボラビハーン種である中級の王室寺院となる。ノンタブりー県左方のムアンノンタブりー都市(チャオプラヤ川の東)スアンヤイ地区(昔はタナウシー地区となった。)ピブーンソンクラーム通りに位置している。都心部より2キロメートル位かかる。1935年3月8日においてタイ王国文化省芸術局にて古代遺跡として登録される。詳細ワットケーマピタラーム寺院の元名称は “ワットケーマー”や”ワットケンマー“となる。アユタヤ王期の王室寺院となるような記録があることから、アユタヤ王期以前に建てられたと仮定されている。ラーマ4世のチョームクラオ王国はアユタヤ王朝の創立者となるウートーン王がこの寺院を修復されたが、設立者ことではない。カンボジアと意味のあるカンボジア語で「ケーマー」を検討し、古代においてこの地域に占領したカンボジア人で建てられたと信用する。一方、タイの偉大な思想家ルアンビチットワタカーンにより、他の書面による証拠がないのに証言としてお寺の名称しかない。何回も修復されたので、 証拠原本物が全部遺失したり、変わってしまう。大仏像でも新しいものの代わりに建てられたので、元の大仏像を取り壊すことができない。寺院には証拠はラーマ4世以前の書面も見付けられない。カカンボジア語で「ケーマー」はンボジアという意味だけではなく、タイ語で「心配ぬき幸せや無事」と意味もある。それは仏法の一つ。また、 “アソガン・ビラチャン・ケーマン”という 神聖な文言となる。 寺院の設立者は川の河畔に静かな場所に建てて、 “ワットケーマー”と寺院の名称を付けた。チャクリー王期において、王立の会計主任クロムプラーチャワンボラマハセナーヌラット(ラーマ2世の王国宮殿正面にある宮殿に住む王家というワンナー)の台帳に王室寺院として記録される。 1828年において、ラーマ2世のプラシースリエントラーマート王妃(ソムデットプラパンワサーと呼ばれるラーマ2世の王妃) は支援するように王国承認を依頼した。そして、礼拝堂を修復したりチェディー・チット塔を建てた。ラーマ4世のチョームクラオ王国は修復し、大仏塔を建てるように指揮した。また、チェディー・チット塔を副塔として大仏塔の内へ移動して安置した。1851年において、アユタヤ県チャンカセーム宮殿から持って来た金属仏像をこの大仏塔に安置して。“ワットケーマーピラタラーム”と寺院名称を付け替えた。ラーマ5世に王国宮殿より王国ムーンモントェーン殿をワットケーマーピラタラーム寺院へ移設するように指揮された。1949-1950年において、ラーマ9世には寺院を修復するために5000バーツの予算承認を受けたから、礼拝堂の漏れた屋根タイルを修復したり、カムパーンケーオと呼ばれる壁や、礼拝堂の鼓室、ハーン柱(礼拝堂の台地)の周りに化粧しっくいによる装飾の石積みで作られた。1952年において居所と大仏塔を修復した。1991-1994年において礼拝堂を修復した。場所内容礼拝堂はラーマ4世のチョームクラオ王国に建てられ、建築様式となる。チョー・ファー、ハーン・ホンの化粧しっくいを塗る。鼓室は、神鳥ガルーダの型のナライ神像となる。ワットケーマーピラタラーム寺院はチャオプラヤの方に向くことで、西方に向くので、礼拝堂かつ大仏像が西に向いている。そして、東に向く弥勒菩薩を礼拝堂の裏面戸に建てた。刻まれた木製の窓の外面シャッターはで山丹花のような絵画で飾れる。戸の内面シャッターは金銀の木の模様が描かれる。窓の内面シャッターは天国神の絵画が描かれる。窓間の壁は中国の様式な植木鉢の絵画となる。天井絵画は男神や天使たちとなる。大仏像はマラを抑圧する態度の仏像となる。この周りに「プラエシチ」仏の弟子像が80つある。また、大仏像の前にはチャンカセーム宮殿から持って来た金属仏像が中国様式のしっくいで飾った台に安置される。大仏像の後ろに王立服装を着る立型のカンボジアの様式となる大きいな仏像が2つ所在する。開けている壁穴に涅槃仏がある。大仏塔は1854年10月26日年において、ワットシーアユタヤ寺院を真似てラーマ4世のチョームクラオ王国にて礼拝堂の裏面に建てられた15メートル高さのある仏塔となる。4方向周りにはプラチェディー・ノイ塔 (チュラチェディー) がある、3層四角形のプラタクシン広場に位置している。大仏塔の置き台は八角形となる。プラタクシン広場の壁はファサードがおきにある。置き台と釣鐘状の部分は空いている場所となる。大仏塔の中部から天井まで空洞な建築で建てられた。1952年10月において、大修復を行った際に仏舎利を見付けた。宗教学科長は検証した上で、本物の仏舎利と判断されてから、住民がお祝いするために多く来た。大修復が終了してから、仏舎利の崇拝の年間行事を行うことになる。その行事は2月ごろマカブーチャは仏教の日と近いタイミングとなる。説教堂 ラーマ4世に建てられた石積み建物となる。タムナック・デァーン殿 は ラーマ1世において王国宮殿の中に建てられた木製である大きいな宮殿となる。プラスダーラク王姉の殿下の宮殿として王国より受けた。赤色で塗られたことから、赤いと意味のある「デァーン」と呼ばれる。プラスダーラク王姉の殿下が死亡した後、プラスダーラク王姉の殿下の娘であるプラシースリエントラーマート王女 (ラーマ2世の王妃) はこの宮殿に住む。ラーマ3世の時代にプラシースリエントラーマートの王妃はピンクラオラーマ4世の王弟の殿下と一緒にラーマ3世の王国宮殿を建てるために元宮殿を取り壊している王国宮殿に旅をした際にデァーン殿も元宮殿のと近い場所に新作するために取り壊すように指揮した。プラシースリエントラーマート王女が死亡した後、ワットモリーの主席司祭より高級なプララチャーカナ僧侶に挙げた。ラーマ4世にプラシースリエントラーマートの王妃の記念としてワットケーマーピラタラーム寺院へ移設した。つまり、タムナック・デァーン殿は3回移設されたことで、天井部と2回の木製構造部のみ残して石積み台を支えるように建てれた。床は木を構想して並行にするように新作した。例え変わっても、100年を経った維持される宮殿の木板など残有しているので、歴史を勉強できること。ムーンモントェーン殿 は昔、王国宮殿にラーマ2世に建てられれた1階2屋根のある宮殿となる。チョー・ファー 、ハーン・ホンの化粧しっくいで飾れる。鼓室は、金紙を塗ったチャムラックの木とカラーグラスで飾れる。ラーマ4世のチョームクラオ王国は王国宮殿においてパヌマースチャムルン殿とパプッタ二ベート殿の間に取り壊して新作するように指揮した。そして、ラーマ5世チュラチョームクラオ王国はそのムーンモントェーン殿をワットケーマーピラタラーム寺院へ移設して、ワットケーマーピラタラーム学校(現在)とガラホームウチット学校として挙げた。ガラホームウチット学校のンモントェーン殿は図書館として利用される。

電話番号

-

営業時間

毎日 08:00-18:00

住所

〒11000, ノンタブりー県アムパームアン都市スアンヤイ地区3目ピブンソンクラーム通り458番

コメントは終了しました。