マハチェディ橋

ノンタブリー

サーチ

ワットカエノーク寺院

1824年において、ラーマ3世ナンクラオ王国に建てられた。元名称は“ワットカエベンチョン”と呼ばれる。プラヤーラマンムニーのラマン人が住民のリーダーとして建てから、「ワットカエ」と呼ばれた。1914年において、プラヤーワチラヤーワローロスの最高位の長老は僧侶委員を監査するために訪問した際、ワットカエ寺院は2ヶ所があると見えるので、呼びやすくするために、河畔の地域に対し「ワットカエ・ノーク」、庭と近い地域に対し「ワットカエ・ナイ」と寺院名称を替えた。1932年において、パホン・ポンパユハ・セーナー軍人( ポッチ) はここの寺院を崇拝にくる際に、大仏像が西方に向いて、樹齢100年以上のポーの木が多く植えている景色が見えると、まるで天使たちの居住のように神聖な場所と考えて尊敬することになる。定期的に仏教の修行をしたり、死亡するものなら、自分の舎利をこの寺院に保管するように祝いした。パホン・ポンパユハ・セーナー軍人は死亡した後、“パホンヨーティン”族の家族が舎利をお祝いしたり寺院を維持するため‘に舎利をこのワットカエノーク寺院に安置した。場所内容正式な寺院名称としては “ワットカエノーク”となる。サナームビンナムの後ろに(ノンタブりー通り)チャオプラヤ河畔においてノンタブりー県アムパームアン都市バンガソー地区2丁目33番に所在している。維持すべく古代遺跡となる建物は西方に向く礼拝堂とタイ建築様式の居所はチョー・ファー、ハーン・ホン、しっくいの高貴な水鳥を塗って刻まれた木製となる。鼓室はシャクヤク花の化粧しっくいで塗られる。礼拝堂の正面には「プラムタウ」と呼ばれるラマン様式の仏塔が2つある。仏教聖典を保管する経蔵や聖堂など美しい建物がある。タイ王国憲法が実施されて、パホン・ポンパユハ・セーナー軍人はハスの型の鐘楼を建て寄付した。” 剣や槍で他の人に勝ったことがあるが、まもなく、その剣や槍に失われるかもしれない。” と言いてから、4方向に鐘楼(パホン・ポンパユハ・セーナー軍人の印像)を守るためのファサードを建てるように指揮した。また、地元民の学校となるカナラートバムルン1学校(ワットカエノーク学校)を建てた。

電話番号

-

営業時間

毎日 08:00-18:00

住所

ノンタブりー県アムパームアン都市バンガソー地区2丁目33番 サナームビンナム通り(ノンタブりー通り)に位置している。

コメントは終了しました。